おすすめ映画ガイド

上映中のおすすめ映画を紹介しています

本日の人気記事

2015年1番おすすめで2度と観たくない映画『セッション』

2015年一番オススメの映画は『セッション』
ダントツで一番良かった映画ですけれど、簡単にはおすすめできない映画です。

『セッション』あらすじ

偉大なドラマーになることに憧れ、練習の鬼となり日々研鑽するジャズ・ドラマーのアンドリュー・ニーマン。
シェイファー音楽学校に通う19歳の彼は、同校で最高の指揮者テレンス・フレッチャーに認められ、スタジオ・バンドに誘われる。

想像を超える鬼教官フィッチャーに必死についていくニーマン。

控えドラマーであった彼はチャンスをつかみメインドラマーの座を獲得し、大事なコンペティションを迎えるが…

『セッション』感想

例えると学校で授業まるまる使って誰かが説教されているのを延々横で聞かされているような居心地の悪さ、ばつの悪さ。
今作セッションでアカデミー賞助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズの迫力がすごすぎて、スクリーンから彼の唾がかかるのではないかという緊張感のある映画でした。

これだけだったら観るに耐えない映画ですが、主人公の若きドラマーニーマンを演じるマイルズ・テラーが負けてないんですね〜。
フレッチャーを超える高みを目指し、無の境地ともいえるゾーンに入るニーマン。
(プロゲーマーのumeharaこと梅原大吾に重なりました)

こんな二人ですから衝突しないわけはありません。

これほど何が起こるかわからない映画は久しぶりで、最後には「ハッピーエンドかバッドエンドで締めくくるのだろ?」と思っていた私は甘かった、セッションの名の通り何が起こるかわからない緊張感が続く106分間。

監督・脚本のデミアン・チャゼルはまだ30歳で、ホラースリラー作品の脚本(『グランドピアノ 狙われた黒鍵』『ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛)を経ての本作3本目の作品。

素晴らしくも、次回作はもうこんな疲れる作品やめてくれ!と思う、この変な気持ち。

上り調子の時に自戒の念として鑑賞すると、さらに突き進んでいけるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
0
4.5 rating

COMMENT ON FACEBOOK

当サイトおすすめ映画ガイドは毎月映画の上映情報やレンタルDVD、動画配信海外ドラマのレビューを配信しております。
Return Top