おすすめ映画ガイド

上映中のおすすめ映画を紹介しています

本日の人気記事

ジョニ黒で男の友情に酔いしれる!ジョニーデップ『ブラックスキャンダル』

ジョニー・デップが未だ見せていないほどの悪役に徹する=ジョニ黒。
一気に場を凍らせるオヤジギャグですが、ジョニー・デップ主演『ブラックスキャンダル』も一気に劇場に冷たい空気が立ち込めるほど、残虐なシーンが急にやってくる映画。

オヤジは息を吐くようにオヤジギャグを連発し、主人公ジェームズ・”ホワイティ”・バルジャーは息を吐くように悪事を働いた。

両方に共通するのは、ファミリー。
もしも陽気なオヤジが帰るホームが冷たい家庭だったとしたら、反対に残忍なバルジャーの家庭は超アットホーム。

ボストンの裏社会の支配者ホワイティは家庭や仲間を重んじる超激ワルオヤジだった!

『ブラックスキャンダル』あらすじ

1975年アメリカのサウス・ボストン(通称サウシー)。
アイルランド系移民が多く暮らすサウシーでギャングを率いるジェームズ・”ホワイティ”・バルジャーは、地元に戻ってきた幼なじみのFBIジョン・コノリー(ジョエル・エドガートン)に対立マフィアの情報をたれこむよう持ちかける。
警察の犬になるのを拒否するバルジャーだったが、それが対立マフィア潰しにつながるとわかり協力を開始。

バルジャーとコノリーはそれぞれの社会でうまくのし上がっていくが、サウシーの絆から生まれた協定は、やがて愛するものをなくし愛するものに裏切られ、崩壊していく。

『ブラックスキャンダル』レビュー

『ブラックスキャンダル』ですがPG15指定であるし、たしかに予告編の見せ方の通り、残虐なシーンはあります。
ただこれだけの悪党映画ですが、観終わった後のばつの悪さは不思議となく、友情映画をみたような感覚が残りました。
『ミスティック・リバー』の男3人の絆(今作『ブラックスキャンダル』にも出ているケビン・ベーコン出演)と『ディパーテッド』(『インファナルアフェア』リメイク)を足して二で割ったような。

後で知り納得しましたが、ジェームズ・バルジャーは『ディパーテッド』でジャック・ニコルソンが演じたコステロのモデルになった人物だそうです。

ギャングスターバルジャーの弟ビリーが上院議員(ベネディクト・カンバーバッチ)という、これまた主人公バルジャーと好対照な道に進んでいるのも、これが実話なんて小説でも書かないほどの荒唐無稽な人間模様。
裏社会のボス・FBI捜査官・議員この三者が間接的にも協力したら大変なことになりますね、こわいこわい。
(ちなみに邦題はブラックスキャンダルですが、原題はBlack Mass。黒い塊、黒い絆という意味かな)

監督はスコット・クーパー(『ファーナス/訣別の朝』)
監督も俳優陣も30代から40代が多く、「のし上がり」というキーワードで映画を観れば、また面白いでしょう。
会社でいえば中堅社員が幹部になれるかどうか振るいにかけられているような、出し抜き合いにも見て取れます。

ジョニーデップは過去作品で悪役を何度もこなしてきましたが、演じてもファンに余地を与えるような隙のある悪役でしたが、今回は容赦ありませんワル中のワル。彼も50歳を超えて役所として一番使われづらい年齢に差し掛かり、新境地の一歩というところでしょうか。

Avatar image
残虐なシーンの裏に、切っても切れない友情ありのおすすめ映画です

ジョニ黒はウィスキーのジョニーウォーカー黒ラベルの通称。
ギフトセットならグラスついてきます(ストライディングマンのマーク付きですがふつうのグラス)
フレッシュアンドボーン見ながら、水割りで楽しんでいます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
0
コメント0件

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

当サイトおすすめ映画ガイドは毎月映画の上映情報やレンタルDVD、動画配信海外ドラマのレビューを配信しております。
Return Top